外国人技能実習生
受入の趣旨とメリット

外国人技能実習生とは?

諸外国の経済発展・産業振興の担い手となる人材を日本に受け入れて技術・技能・知識を習得してもらう事を目的とした制度であり、国際協力・国際貢献の重要な一翼を担っています。

当組合ではコンプライアンスとコミュニケーションを重要課題に制度運営を行っています。

『外国人技術者』と『技能実習生』の違い

 

外国人技術者
(技術・人文・国際業務)

技能実習生

目的

特定の分野において、技能や知識、あるいは経験をもった海外人材に、日本で就労し、能力を発揮してもらい、活躍してもらうこと

特定の分野において、日本の高度な技術を一定期間終了・習得に、帰国後、習得した技術を自国の経済産業発展に役立てること(技術移転)

ビザ
要件

日本で行う業務内容と現地卒業学部、もしくは現地就業経験に深い関連があること

現地にて、150時間以上の日本語教育を受けること

日本国内にて管理団体(組合など)が入国および滞在時の管理を行うこと

学歴は問わない

就労
期間

無期限
(ただし原則1、3、5年などのビザの期間ごとに更新)

原則3年
(一部業種については、3年目に基準をクリアすると2年延長可能)

 

外国人技術者
(技術・人文・国際業務)

目的

特定の分野において、技能や知識、あるいは経験をもった海外人材に、日本で就労し、能力を発揮してもらい、活躍してもらうこと

ビザ
要件

日本で行う業務内容と現地卒業学部、もしくは現地就業経験に深い関連があること

就労
期間

無期限
(ただし原則1、3、5年などのビザの期間ごとに更新)

 

技能実習生

目的

特定の分野において、日本の高度な技術を一定期間終了・習得に、帰国後、習得した技術を自国の経済産業発展に役立てること(技術移転)

ビザ
要件

現地にて、150時間以上の日本語教育を受けること

日本国内にて管理団体(組合など)が入国および滞在時の管理を行うこと

学歴は問わない

就労
期間

原則3年
(一部業種については、3年目に基準をクリアすると2年延長可能)

  • 外国人技能実習生受入のメリット

    雇用の安定・人材の定着

    計画に基づいた研修・就業場所で、計画的、継続的配置が可能

    生産効率の向上

    技術習得が早く、意欲的な行による大幅な効率アップ

    職場の活性化

    明るく、活動的で社員への労働意欲を刺激し活性化

    若い活力ある人材の採用

    労働意欲旺盛のため、強力な戦力に

    国際化

    技術移転による国際貢献と将来の海外進出、現地雇用のノウハウ取得

    外国人技能実習生を受け入れるメリットは様々です。
  • 納得の人材選び

    現地送り出し機関による経験者・希望者の選考

    採用人数の約10倍程度の募集をし、更に能力・性格・家庭環境などを考慮の上、3~4倍に絞り込みます

    企業様現地で面接のうえ、採用決定

    受入企業様立ち会いのもと、筆記試験・実技試験などを行い、そして面接を行っていただきます

    企業様がにご納得頂ける外国人技能実習生を選考いたします。
  • 安心のサポート体制

    現地にて4~6ヶ月間、日本のルールや日本語教育を行っています

    入国後1ヶ月、日本語及び生活習慣の指導を致しております

    受入企業様には派遣後、外国人スタッフ並びに日本人スタッフも同行し、月1回の定期巡回指導を行い、実習生とのコミュニケーション及び指導やアドバイス等、メンタルサポートを致しております

    企業様にご安心頂けるよう、外国人技能実習生受入のサポートをいたします。

日本コミュニティの指導・研修

  • 安心の日本語学習

    日本コミュニティでは『SBC姫路日本語学院』と連携した日本語指導を行っています。
    入国後はもちろん、現場に出た後も必要に応じて追加指導をいたします。

    質の高い研修センター

    実習生は入国後『SBC日本語学院研修センター』にて研修を行います。配属の1ヶ月間、現場・日常生活での使用を想定した実践的なカリキュラムで必要な日本語力・生活力を徹底指導いたします。

  • 日本コミュニティは外国人技能実習生に必要な日本語をします。